モチベーション維持するためのダイエット日記

ダイエットはモチベーション維持が何よりも大事だと痛感した人が書いています

モチベーション維持のコツ

 

ダイエットって毎日のことなので、モチベーションを維持し続けることは難しいと思います。

 

ですが、考え方を変えてみると軌道に乗って習慣化にも成功しやすくなりますので、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。^^

 

 

目次

 

 

 

 

 標とする人を見つける

 

私はモチベーション維持で一番これが大事でした。

自分が設定している【ゴール=理想的な体型】に実際既に達している人を見つけましょう。^^

身近にいる人でも有名人でも二次元でも何でもOK!

更に、顔の部分だけ自分の顔にすり替えてよく目にする所に置いておくと(スマホの待ち受けにするのもgood♪)、かなりのモチベ維持に繋がります。^^

 

そして、目指す体型にもタイプがあります。

・モデル体型タイプ

・トレーナー体型タイプ

・グラビア体型タイプ

 

モデルは全体的に細身。

トレーナーは筋肉を付けて引き締まった、いわゆる『ボンキュッボン』。

グラビアは女性らしい丸みのある感じ。

 

ということで、具体的に設定すればするほど行動しやすくなりますので、ワクワクしながら考えていきましょう♪♪

 

定期的に全身の写真を撮る

 

これは、最近やってみて気付いたのですが、毎日鏡チェックしてもあまり変化ないように感じるかもしれませんが、1か月前の写真とか、体重MAX時、ダイエット開始時などで比べてみると、変化を実感しやすいです。

 

太っている(と自分が思っている)姿を撮るというのは正直抵抗あると思いますが、“自分を客観視する”という点でかなり有効です。

 

どこを引き締めれば自分の理想に近づくかな…?ってイメージしながら検証すると、どういう筋トレや有酸素運動が効果的かっていうのも調べやすくなりますので、ぜひ、【Before写真】を撮っておきましょう。

 

モチベーションが上がらない=褒め方が足らない

 

中々数値に結果が出なくてモチベーションが下がることってよくあります。ダイエット開始当初は簡単に数㎏痩せたのに今は横ばい状態…これって停滞期?!

 

…と、無意識に自分を責めてしまったり、自分のがんばりが足りないのではないかと疑ってしまったりすると、悪循環で更にモチベーションが下がってしまいます。

 

特に調子よくやる気が出ている時は注意が必要なのです。

 

やる気が出ていることを良いことに、一気に生活習慣を変えようとすると、ホメオスタシス(恒常性の維持)が働いてしまって、結局元の生活or悪化の恐れがあります。

 

「こんなにがんばっているのに結果が付いてこない…」

 

こう思ってしまうと、リバウンド思考の火種になってダイエット生活を定着させることは難しいです。

 

こんな時に意識していただきたいのが、「自分で自分を褒める」ことです。^^

 

あの頃の食生活と現在の食生活を比べてみたり、運動量や体型を比べてみたり、これまでの軌跡を振り返って、「おぉ!私、がんばってきたじゃん!」と自分のがんばりを素直に認めてください。

 

誰かに褒められるのを待っていたら、いつまでたってもモチベーションは上がりません。自分で自分を褒める癖をつけましょう。空いている時間(寝る前等)に『今日の褒めポイント』みたいなことをノートに書くのもおすすめです。

 

モチベーションが下がってきた時は褒め方が足りなくなってきた証拠です。こまめに褒めていきましょう。^^

 

 

数値には出ていなくても身体は変化していることに気付く

 

私はダイエットを開始して2週間過ぎた頃に、人から「顎のラインすっきりした?」と言われました。

 

上記に「ダイエット開始時は数㎏簡単に痩せる」と書きましたが、私自身は全然痩せませんでした(苦笑)

 

それでも、人から「すっきりした?」と言われた時に、素直に嬉しかったので、「数値も大事だけど、見た目の変化の方がモチベーションが上がるんだな」とこの時実感しました。

 

この時から鏡で自分のスタイルもよくチェックするようになりました。

 

体重計に乗る時についでにチェックすると習慣になりやすいです。

 

数値だけでなく見た目の変化にも要チェックです。

 

もちろん、撮っておいたこれまでの全身写真を振り返るのも良いと思います。^^

 

栄養不足の有無をチェックしてみる

 

私自身、以前はこれを疎かにしがちでしたが、栄養が満たされるとやる気が出ることを身を持って体験したのでこれは間違いありません!

 

栄養は身体だけでなく精神的にも大きな影響を与えるんだなと改めて実感しました。^^

 

食べたものを記録してみると、自分はどの栄養素が満たされていて何が足りないのかが客観的に分かります。

 

なので、レコーディングダイエットをする場合はカロリーだけでなく、他の栄養成分もチェックしてみるのもおすすめです。(カロリー・たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質と食物繊維も分ける。)

 

ただし、習慣にするためにはベイビーステップで進める必要があります。なので、レコーディングダイエットを習慣化したいならば、

①記録することを習慣にするまで食べる量を減らさず、栄養の分析もしない。

②記録することを習慣になったら食べる量を減らさず、栄養の分析をしてみる。(何を多く摂取して、何の栄養が足りないのかなどを検証する。)

③分析結果をもとに、1つだけ改善する。

④ ③の改善ができたら新たに1つ追加する。(1つずつ改善していく)

 

ポイントは“ホメオスタシスが発動しない程度に変化(改善)させていく”ことで、リバウンド防止にもなります。

なので、ベイビーステップを意識しましょう。^^

 

ダイエット仲間を見つける

 

私はツイッターで仲間を見つけたのですが、インスタとか、LINEでグループ作っても面白いと思います。

 

ツイッターを選んだ理由は程よい距離感です。リアルに繋がろうと思えば繋がるけれど、友だちとはまた違う刺激を得られるし、情報収集もバッチリ。(見極める力も養われます。笑)

 

しかも、レベルが高い方ばかり!!!皆さん意識高い系で、目標とする方がいないという方もすぐ見つけられると思います。^^

 

仲間がいるって思えることは最強です。

 

最後に

 

以上、ざっくりとモチベーションの維持のコツをお伝えしましたが、今後私自身もダイエットを進めて行くにあたって他にも良い方法を見つけましたら、随時更新していこうかなと思っています。^^

 

お互い楽しくダイエット生活を習慣にしていきましょう♪

 

それでは。